工房手作りの高級感・高品質な老舗ブランドのランドセル

高級ランドセル選びでは企業ブランドとランドセルの素材・質感で選ぶのがポイントです!!

高級ランドセルのブランドを厳選して紹介!!

高級ランドセル選びで失敗しないために、何を重視して選ぶか、工房での手作り・機能面・デザイン・素材・質感・総合的な品質を一つ一つ確認する必要があります。
accept.png高級ブランドのランドセルの人気商品を一覧にしました
arrow_orange.gif親子で選ぶランドセル人気比較ランキング

main_pht03.jpg

attention.png高級ブランドの人気は工房での手造りランドセル!

高級ランドセルの現在

a0001_016388.jpg2015年モデルが発売される昨今、いよいよ春から小学校生活が始まるお子さんやお孫さんがいらっしゃる方は、ランドセルの価格に驚いたことでしょう。今やランドセルは高級品とも言えるほど価格も高く、素材からカラーバリエーションも豊富です。一昔前なら定番カラーの赤と黒が一般的でした。

しかし今はたくさんあるカラーのなかから好きな色を選ぶことができ、刺繍を入れることでオリジナル感も出すことができます。六年間背負うことになるランドセルだからこそ、子供が気に入ったものを与えたいと考える方が多くなりました。見た目はもちろん、こだわりはそれだけではありません。背負いやすさや肩に負担がかからないように設計されている商品もあり、実際に背負ってみることでその差は実感できます。

防水加工が施してあったりA4サイズのファイルやプリントが楽に入るように工夫がされているものが人気があります。特に高級ランドセルの位置づけで高価なものは数を多く作らないことから半年以上前からオーダーメイドで購入する方も多く、気に入った色を早いうちに手にいれておきたいと考える傾向にあります。

高級ランドセルは高品質

ランドセル 黒自分が小学生の頃、田舎だったので放課後などは友達と野山を駆けずり回って遊んでいました。毎日背負って登校していたランドセルを木の枝に引っ掛けたり、時には砂利道にほっぽり出して遊んだりもしましたが、6年間何の故障もなく一緒に思い出を過ごすことが出来ました。日本のランドセルは活発な子供が6年間使用する事を想定して作られており、とても丈夫で保育園や幼稚園上がりの小さい子供でも背負えるように軽く作られています。

今、日本製が世界でも高品質と認められていますが、その中でもランドセルは最高品質の部類に入ると思います。しかも数多くの日本製品は安い人件費の海外に工場を移していますが、ランドセルの多くは純日本製で各工場で職人さんがプライドを持って作っており、自分が思う最も世界に発進したい商品です。今でも日本ではランドセルのカラーは黒と赤が人気のようですが、海外では色々なカラーが重宝せれるので、日本でカラフルな品ぞろえで店頭を飾って、売れ残りは海外に安く輸出すると言う流れを作れば、お互いにメリットが生まれます。

やはり、高級ブランドとなれば海外製ではなく、日本製だとしても大量生産されていないものが高級品として位置づけられており、工房で職人さんが手造りでひとつひとつ丁寧に作り上げたもの、それが高級ランドセルとして人気が高まっています。

以下より高級ランドセルとして人気でおすすめの工房手造りのランドセルを中心に紹介していきます。

高級ランドセルブランド

鞄工房山本

私が一番おすすめするランドセルブランドは「鞄工房山本」です。奈良県に工房を構えている老舗のランドセルブランドといっても良いでしょう。私の近所の方も鞄工房山本が良かったみたいで、ネットで予約して手に入れていました。早めに無くなるということみたいで相当早い段階で予約されていたようです。

そんな鞄工房山本はなんといっても 触った質感が上質な仕上がりで作りが丁寧だなという印象がすぐに伝わってきます。 何でも鑑定団の言葉で言えば、「いい仕事してますねぇ」っていう感じです。素人目にも他のランドセルとはちょっと違うなって思います。

その理由は工房での手造りを基本的な作成工程として行われていること。他の有名ランドセルメーカーは日本製ではありますが、機械を使ってある程度大量生産ができるように進めていますが、この鞄工房山本は人気が高い今の状態でも機会をできるだけ使わないで手造りでひととひとつ丁寧に作っています。この辺り、信頼ができると思います。

鞄工房山本のランドセルは比較的安いものもありますが、それでも4万円以上からで高いものになると10万円近くまで値を上げているものもあります。まさに高級ブランドにふさわしい質感ですし、素材も本革を使ったりと見た目で、「あ、これは高そうなランドセルだな」と思わせるものになっています。

とはいえ、安くても十分高級に見えるものも多く、使う側・買う側にとっては本当にコストパフォーマンスが良いなって思わせるランドセルになっています。安くても(他のランドセルメーカーと同じくらいの相場という意味です)しっかり良いものを作っているというのが企業としても信頼できますね。

代表的なランドセル商品

クラリーノという素材が一般的なランドセルとなって販売されています。その中でも革を良いものに選んだり、女の子の場合は刺繍を施したりといろいろと見た目のデザインを凝ることもできます。ちなみに高級感を演出しているのは「伝統技法コバ塗り」というものらしく、鞄工房山本だけで行っている技法のようです。

なお、下記姉妹サイトでさらに詳しく解説していますので参考にしてみてください。最新モデルの発売情報もこちらに集約しています。

arrow_orange.gif鞄工房山本のランドセルをでさらに詳しく解説しました

萬勇鞄

a1380_000367.jpg萬勇鞄(まんゆうかばん)は1950年創業の老舗ランドセルメーカーです。鞄工房山本と同様にして老舗メーカーとして人気があります。萬勇鞄は素材にもこだわっており、天然の革をお得意の仕入先から仕入れたり、製造も職人の技術で丁寧に仕上げたりと素材から製造までこだわりを持って作っています。公式サイトを見る限りでもしっかり作られているなという印象を与えます。

萬勇鞄は一般的なクラリーノと牛革のラインナップがあります。まずは素材を選ぶところからのスタートですが、高級ランドセルなら牛革がおすすめです。やはり質感がクラリーノとは違いますので牛革の匂いや触った触り心地は他のランドセルとは違いますね。結構、艶もあるので本当に高級だなと思わせるランドセルに仕上がっています。

萬勇鞄のブランド名を簡単に紹介しておくと、ファラーシャやオラージュといったものがあり、女の子用ランドセル・男の子用ランドセルと分けられています。とにかく、キラキラしてますし、質感が良いので明らかに高級品だなと分かるようなランドセルです。

なお、私が注目しているのは男の子のランドセルでリリークレストというブランドは今年も人気があると思いますし、ファインカウという西洋風というか西部劇風、ウエスタン風のデザインが意外にも高級っぽくて良い感じです。

下記、姉妹サイトで最新モデルを解説していますのでこちらもご覧ください。

arrow_orange.gif萬勇鞄のランドセルをでさらに詳しく解説しました


高級ランドセルまとめ

以上、いかがでしたでしょうか。実は他にも土屋鞄といったメーカーもありますが私の好みを少し入れて今回は鞄工房山本と萬勇鞄を中心に紹介しました。土屋鞄も高級志向で本革を使った素材のランドセルで人気です。

point.png 高級ランドセルはただ高いというだけでなく質感や素材もしっかり厳選されており、しかも工房手造りというのが私の考える高級ランドセルです。明らかに質感が良いですし、見た目もこれは良いものだカッコ良いと思ってもらえるようなものこそ高級であり品質の良いランドセルだと思います。





accept.png以下の姉妹サイトも併せてご覧ください。2015年ランドセルの最新モデルが一覧になっています!お子さんの個性で選ぶのも面白いです。
arrow_orange.gif2015年ランドセル人気ランキング

ページトップへ

男女別ランドセル色の選びかた(黒、青、赤、茶色、水色)